どれぐらいの費用がかかるか

相談

名古屋で交通事故を起こしてしまった場合、トラブルになる可能性が考えられます。このような場合には、自分に一人で解決するよりも弁護士を利用した方が問題を解決しやすくなります。この時、ほとんどの人は弁護士を利用したことはないはずです。そこで、一体どれぐらいの費用がかかるかを頭に入れておきましょう。基本的に、相談は無料で行うことが可能になりますので、本格的に契約をした後にお金がかかる流れになります。契約の段階で支払うのは、着手金になります。これは法律事務所によって異なりますが、\50000前後と考えておけばよいでしょう。この着手金は、良い結果が出なかったとしても、戻ってくることはありません。後は、成功報酬の支払いが必要になります。

あまり長引かせないこと

名古屋で交通事故を起こした場合、慰謝料請求などの問題が発生する場合には弁護士を利用すれば複雑な問題も解決してくれるでしょう。この時気をつけるべきことは、あまり争いを長引かせないことが大事になります。なぜ争いが長引かせてはいけないかといえば、その分だけ金銭的な負担も大きくなるからです。例えば和解をする場合ならば、いくら自分の主張が正しいとしても何割かは譲歩しなければいけません。それを受け入れられない場合には、裁判などに持ち込むことが考えられますが、100パーセント勝つ見込みがあればよいものの、実際には100パーセント勝つとは言い切れません。その場合には、時間がかかった分だけ余計に弁護士にかかる費用が高くなってしまいます。それならば、和解をしておいた方が金銭面ではお得です。

腕の良い人かどうか

名古屋で交通事故の弁護士を使う場合は、弁護士をよく見極めることが重要になります。弁護士は、すべての事例において全般的な法律の知識を持っている訳ではありません。法律は基本的な考え方は頭の中にはいっていても、それぞれ専門分野を持っていますので交通事故と全く関係ないところで活躍している弁護士にお願いをするのは妥当ではありません。もちろん、交通事故の処理をしてくれる可能性もありますが、そこまで交通事故処理の経験がないとすれば、より有利な条件を相手から引き出すことは難しいでしょう。このように考えれば、それぞれ専門の先生にお願いをするのがよいです。わかりやすく言えば、医者も内科や外科あるいは産婦人科などそれぞれ分かれているのと一緒です。産婦人科の先生に心臓移植などをさせようと考えても難しいといえるでしょう。ホームページなどを見て、その先生が何を得意としているかで判断するのがよいです。

広告募集中